1柴1チワワ3フェレ+一人暮らし

画像の容量が限界になったのでここは動画保管庫になりました。日常日記は新ブログを見てちょ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

肝生検(検査入院)前日のこと

■現在、蘭丸の肝臓治療に関する内容だけをカムカムの闘病記みたいな形で
  こことは分けてブログを作るつもりではいるのですが、まだ準備中で
  公開できるトコロまで進めてないのですが、蘭丸のことで心配してくださったり
  励ましてくださる方もおられるので、こっちにも一応転記しておきます。
  蘭丸闘病記に記載した内容です↓



26日に実施した検査入院の前日のこと、忘れないうちに覚え書き。

2月25日、仕事終わってすぐに病院に電話。

凝固検査の結果が出ないと、26日に予定してる肝生検が実施できないので

それの確認に連絡を入れました。



院長先生から「凝固検査無事にOKでました。明日予定通り検査できます」と報告を貰ったので

予定通り、26日に検査入院となりました。



会社には、前もって遅刻届けを出していたので

「検査が実施できたら遅刻しますんで…。できなかったら普通に出社しますんで」って伝えておきました。

仕事も前日のうちに指示できるトコロは全て指示済み。

今、また新製品の発売前でかなりの修羅場(笑)になってる状況なので

休むのも心苦しい気持ちでいっぱいです…。本当ごめんないー。

でも25日も28日も会議が入ってたし、月末&月初めは生産計画立てないといけない時期なので

絶対に抜けることができなくて…。

本当は、せめて休みの前日に検査を入れたかったんだけど(過去に、麻酔後に体調崩した前例があるゆえ)

休み前の28日(金曜日)は、1日会議なのでどうしても無理だったんですーーーーーーー涙涙

だから26日とかいう平日の真ん中のワケの分からん時期に

強行しないといけなくなってしまったんだけど…

本当に何もないことを祈る!!!!!!!!!蘭丸頑張って!




夜の散歩で、ジョンくん・チャッピーちゃん・ハナちゃん・ナナちゃんに会いました。

「明日蘭丸くん検査なので、お散歩来れないんですー」って報告をして

皆に「がんばれ!がんばれ!」と励まされました。いつも励ましてくれてアリガトウ。

ジョンくんのおっちゃんには、

「最近、肝臓のこと言ってなかったから、もう良くなったんやと思ってた」とか言われた!

そうなんす…、良くなってくれてたら良かったんだけどね…。

まだまだ苦戦してる最中です。本当、肝臓やっかいだー!



で、ジョンくんのおっちゃんとチャッピーちゃんのおっちゃんと

蘭丸の肝臓のことで30分くらい話しこんでました。

「肝臓って沈黙の臓器っていうよな?」っておっちゃん達が言ってた!

(↑おっちゃん達が話してたのは、特に人間のことについて…だったんだけど。)



そうそう!それそれ!

肝臓が沈黙の臓器っていうのは、私も病院の先生から何回も説明を受けた。

他の臓器のように症状が外に表れてこない分、発見も遅れるし、

外に症状が出てきたら…それこそ、末期!!!みたいな…。



自覚症状がないから余計にね…。内部でジワジワ!っていう部分が本当にやっかいだと思います。

蘭丸だってそうだしね…

自覚症状もないから、生活は普段と何ら変わらないし、

いつも元気に走り回ってやるから、「ドコが悪いん!?」とか「病気に見えへんな!」って言われるん。

それがね…やっぱり私もやっかいかな?って思う。

肝臓がどうなってるか…は、血液検査で数値を追っていくしか変化に気付けないから…さぁ。

外見上で、何か症状が出ていればそこを注意して監視もできるだろうし、

進行の状況も少しは分かるんだろうけど…。



うちは偶然早くから、血液検査で病気を発見できたからいいものの…。

本当に血液検査を定期的にしてなければ、気付けない病気だと思う。

だから蘭丸だけじゃなくて、他の子達にしても、定期的な血液検査は今後も実施しようって

改めて思うん。

近所の病院の先生に、「リーさんは積極的に血液検査しますって言ってくれるから

治療がしやすいけど、血検を拒否される飼い主さんも多いんですよ」って言われたことがあるん。

確かに費用は多少掛かるし(全項目受けたら1万近くするもんね?)、

それだけじゃなくて、血を採られるのがかわいそう(うちの子に痛い思いをさせたくない!)

みたいな思いがあったり…なんだって。

特に小動物の飼い主さんに多いんだとか…。まぁ気持ちは分からんでもない。

こんな小さな体に針をさすなんて可哀相!っていうのはよく分かる…かな?



そこの病院の先生には「リーさんとこの子達は、いつもこんだけ積極的に治療や

予防をしてもらって幸せですよね」って言われたこともあるんだけど、

本音を言うと、「そうですよね!」って素直に受け止められてない部分があったり…なんかもするんです。

結構、私の中では常に葛藤があります。



何を基準に「幸せ」って呼ぶのかは、私には分かりません。

それはカムカムの闘病生活で、多くの究極の選択を迫られた時に本当に痛いほど実感したん。

カムカムにしても蘭丸にしても…だけど、

病気を治そうとすればそれなりに本人達には多くの負担を掛けてしまうことにもなってる気がするん。

カムカムの時は本当にそれの連続だった。

手術で助かる可能性があるかわりに、その手術そのものの負担で亡くなってしまうリスクがある…とか。

どっちを選択するのが、カムカムにとって幸せなんだろう?って、ずっと悩んだ。

結局、カムカムの気持ちは分からないから私が決断するしかなかったけど…。



蘭丸だってそうだと思う。

投薬と食事制限を一生続けて、要らぬ負担を掛けずに病気と一生付き合っていくか…

蘭丸には負担を掛けてしまうけど、完治する可能性があるのならありとあらゆる検査を選択していくか…。



その選択に、どっちが正しくてどっちが間違い…もないんだと思う。

蘭丸にとっては、どっちが幸せでどっちが不幸なのか…も分からない。

だから病気の治療に関しては、正解も間違いもないんだと思うんだよね…。

私の中では、治療する…っていうのが大前提にあるけど、

治療そのものをしなくても、好きなものを食べさせて毎日楽しく生活して、

それで歳を取って肝臓が悪くなって亡くなったとしても、病院に通いまくって

苦痛を味合わされることを考えたら、犬にとっては幸せなのかもしれない。



だから結局、何が幸せで何か不幸せなのかもよく分からないし、

何が正しくて何が間違いなのかも分からない。

本人の意思が分からないから、結局は自分の選択に責任をもって

自分の決めた道を信じて進んでいくほかにないんだと思うんだよね…。



カムカムの闘病中、よしみママさんに

「カムカムくんは、大好きなりーママの選択ならどんな選択だって受け入れてくれるよ」って言われた。

その言葉に救われた。よしみママさんありがとうね!あの言葉が、私の中ではずっと名言になってます!

だから、迷った時、自分の中で葛藤が生まれた時、

自分の選択に自信がなくなった時…

そんな時はいつもその言葉を思い出してる。

この子達の意見は聞けないけど、私の選択ならきっと受け入れくれるはずだって。



だから、自分の決めた道を突き進もうと思います!オォーーー!



というわけで、蘭丸くん26日検査入院デス。

夜の12時から絶食・絶水ってことだったので、その通りにしました。



で、26日の検査入院の内容に続きます!

スポンサーサイト

テーマ:柴犬 - ジャンル:ペット

  1. 2008/02/27(水) 20:32:27|
  2. 蘭丸(柴犬)

プロフィール

蘭

Author:蘭
。○管理人○。
りーちゃん♀
毎日暴走しながら生息中。

。○フェレットズ○。
カムカム♂02年5月生まれ(推定)
2008.11.21 お星様になりました
享年:6歳6ヶ月16日(推定)

ぽろん ♀03年1月生まれ
コナン ♂03年11月生まれ

。○柴犬○。
蘭丸  ♂05年7月生まれ 生まれつきの肝臓疾患で闘病中

。○チワワ○。
煌(キラ)♂06年7月生まれ

詳しい自己紹介は、本館のHPをご覧下さいナ
 

熱烈応援中☆

いくつになったの

*script by KT*

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

ランキング↓

ポチっとお願いします♪ にほんブログ村 犬ブログ 柴犬へ にほんブログ村 犬ブログ チワワへ にほんブログ村 小動物ブログ フェレットへ

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。